FC2ブログ
都内(目黒区・世田谷区・港区・渋谷区)を中心にペットシッター・訪問ドッグトレーニング(犬のしつけ)を行っています 
「おすわり」は芸ではありません
2011年01月14日 (金) | 編集 |
*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★

目黒区のペットシッター

訪問ドッグトレーニング(犬のしつけ)承ります☆

*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★

「おすわり」「Sit」を【芸】という人がいます。

ですが【芸】ではありません。

犬にさまざま指示を教えて行動させることにはきちんとした理由があります。
(おすわり・ふせ・まて・たって・おいで・ついて)


ではどういう理由があるのか1つずつ見ていきましょう。


★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*

おすわり

■全ての指示に共通しているのは人間がリーダーであるということ

①落ち着かせる
例:他の犬を見て興奮しはじめた
  自宅に来客がきて吠え始めた
  食事の準備をしていたらおちつきがなくなってきた

②飛びつきを予防
例:帰宅したら飛びついてくるのでその前に
  何かをねだって飛びついてくる前に

③安全対策に
例:信号まちでおとなしく待たせる
  
④「おすわり」は1番簡単な指示
これからさまざまな練習するのに興味を持たせやすくなります

★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*

などがあげられます。

そう考えると

いつ・どこで・どんな時でも

「おすわり」ができる!!!!!

ということは大変大切なことだとわかりますね。

この気持ちを持って「おすわり」の練習をすると

今までとは違う何かがつかめると思います。

明日は「ふせ」についてお話しします(=´ー`)ノ



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック