FC2ブログ
都内(目黒区・世田谷区・港区・渋谷区)を中心にペットシッター・訪問ドッグトレーニング(犬のしつけ)を行っています 
猫を迎えるための環境
2011年01月12日 (水) | 編集 |
*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★

目黒区のペットシッター

訪問ドッグトレーニング(犬のしつけ)承ります☆

*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★


こんにちわ!

猫を迎えるにあたってまず1番大事なことは

「何があっても終生一緒に暮らすぞ!」

という強い気持ちです。

絶対に忘れないでくださいね。

さて・・・・・・・・

猫ちゃんが生活するう上で大事なことをお話しましょう。


十分な運動ができるように登ったり降りたりできる空間をつくりましょう。

棚の上・タンスの上に乗れるようにするなど工夫してあげて

上下運動ができるようにしてください。

運動不足による発育不全・虚弱体質にならないようにしましょう。


同じ場所にフードボール(食器)、トイレを置きましょう。

猫のおしっこ・うんちは大変臭いのでまめに掃除してあげてください。

猫はとてもキレイ好きなので「汚い・・・」

と思われたトイレではしなくなり

違う場所でしてしまうかもしれません。

後はトイレ置き場を決めたら変えない方がいいでしょう。

ごはんを食べる場所も決めて正しい量をあげてください。


日によく当たらせ、換気と通気を良くしましょう。

太陽の光を浴びることによって

ビタミンDの生合成により

骨を丈夫にすると同時に

ウィルスや最近に対する殺菌効果が期待できます。


換気と通気は皮膚病の予防になります。


いたずら防止・爪とぎ対策は万全に

壁・絨毯・家具などでとがれないように

本人が気に入る爪とぎを探していくつか部屋に置いておきましょう。

また、暖房器具などを設置する時は金網で覆うなどして火傷に注意してください。

電気コードで遊んで感電などしないようにするために


猫の目線で色々考えて「おもちゃにしそうなあぶない物」は

工夫して見えないようにするなどして万全体制をとってください。


*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★

おおまかな環境作りはこんな感じでいいかと思います。

余談ですがうちの猫たちはコードなど絶対噛みませんし

壁や家具で爪をとぐことをしません。

人間が食べる食事も一切たべません。

爪きり・耳掃除・歯磨き・ブラッシングも全く嫌がらないです。

小さいころから続けてきた習慣は大切だと思います。

そして「愛情」はとても伝わりますのでしっかり愛してあげてください!

*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック