FC2ブログ
都内(目黒区・世田谷区・港区・渋谷区)を中心にペットシッター・訪問ドッグトレーニング(犬のしつけ)を行っています 
Q:「電話が鳴ると吠えます。うるさくて電話に集中できません。仕事でよく電話を使用するので静かにさせたいです。」
2010年12月18日 (土) | 編集 |
*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*

目黒区のペットシッター

訪問ドッグトレーニング(犬のしつけ)承ります☆

*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*


わんちゃんはおそらく「電話の音」に吠えているのではなく

電話が鳴り、通話し始めると会話に夢中になり「自分のことを無視される」とわかっているので吠えるのかと思います。

人間に無視されることが大嫌いなわんちゃんにとってこんなにおもしろくないことはありません。

そこで「かまって!」と吠えてみたら

「うるさい!聞こえないでしょ!?」

とママが声をかけてくれたのです。

電話中のママが自分を見て声をかけてくれるのは犬にとってごほうびです。

これを学習してしまったわんちゃんは吠える行動を繰返すようになってしまいます。

「え?だって叱ったんですよ?」とおっしゃる方が多いのですが、

かまってほしいわんちゃんに「ダメ!」「やめなさい!」と叱る行動は「ごほうび」になっていることが多いです。

なのでその「ごほうび」がほしくて吠え続けるんです。

ではどうしたらいいのかお話していきます。

●「電話が鳴る」=「ママ無視される」とインプットされてしまっているので、それをリセットしてあげましょう。

「電話が鳴る」≠「電話に出ない」という状況を作り学習経路を断ちます。

携帯電話を使って自宅の電話にかけたり、友人に頼んでかけてもらったりしてみてください。


●受話器を取ったら違う部屋へ移動してしまいましょう。


電話がなって吠えたら・・・・・⇒ママが部屋からでていってしまった

吠えたら悪い結果がおこった・・・と学習させます。

別の部屋に移動する時はわんちゃんに声などかけることなく「ささっ」と移動してください。

●吠えなくなってきたらわんちゃんが楽しめる物を与える

わんちゃんが吠えなくなってきたら、長く遊べるおもちゃ(コング・ガムなど)を与えましょう。

「吠えなければいいことがある」と学習させてその行動をごうびで強化させます!

ここで注意が必要なのは

「吠えてうるさい時にごほうびを与えないこと」です。

「吠えたらいいことが起こった!!!」と学習させないように注意してください。



もしご家族で暮らしている場合はみなさんが同じ行動をとってください!

そうしないと一貫性がなくなり、わんちゃんが何が正しいことなのかわからなくなってしまいます!!


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック