FC2ブログ
都内(目黒区・世田谷区・港区・渋谷区)を中心にペットシッター・訪問ドッグトレーニング(犬のしつけ)を行っています 
Q:「犬を飼っているのですが、彼女が猫を拾ってきました。猫に犬用のドッグフードを食べさせても問題ないですか?」
2011年06月09日 (木) | 編集 |
▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼

目黒区のペットシッター

訪問ドッグトレーニング(犬のしつけ)承ります☆

わんにゃんmina's   080-2064-3711

ホームページはこちらから!

▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼


ドッグフードには

必須アミノ酸である「タウリン」が

含まれていません。


犬は体内で「タウリン」を

合成することができますが

猫はできないのです。

動物性タンパク質を十分に含んだドライキャットフードなら

十分な量のタウリンを供給できます。

「タウリン」が不足すると

目が悪くなったり

心臓疾患を起こしかねません。

なので

ドッグフードを猫に食べさせるのは絶対にやめてください!

きちんと良質なキャットフード選んで

あげてください。

Q:「うちの猫は糖尿病です。ペットシッターをお願いしたらインスリン注射も打ってもらえるんですか?」
2011年05月28日 (土) | 編集 |
▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼

目黒区のペットシッター

訪問ドッグトレーニング(犬のしつけ)承ります☆

わんにゃんmina's   080-2064-3711

ホームページはこちらから!

▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼


大丈夫ですよ!

毎日猫にインスリン注射を2回投与しているので

慣れたものです(笑)

ですがきちんとその猫ちゃんに接して

どういう性格で

他人におびえず暴れないかどうかなど

見てからの判断になります。

何かありましたら

是非ご検討ください!



Q:「猫の毛を人間が食べると病気になるのでしょうか?」
2011年05月20日 (金) | 編集 |
▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼

目黒区のペットシッター

訪問ドッグトレーニング(犬のしつけ)承ります☆

わんにゃんmina's   080-2064-3711

ホームページはこちらから!

▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼


基本的には大丈夫だと思います( ̄∇ ̄;)(笑)

私も大丈夫なので(ちなみに私は慢性アレルギー性鼻炎&花粉症)

多分、鼻や口から自然に体内に入っているとは思います(笑)

体内たまることはないそうで、他の異物と一緒に体外に排出

されているようです。

神経質になる必要はないですね。

ですが!!

猫の毛アレルギーの人は体内に毛が入ると

アレルギー症状がでてしまうかも!?

・・・・・・・ま、そういう方は猫と暮らしてないと思います(笑)
Q:「うちの猫はよくわたしの顔や手をなめてきます。おいしいのですか?」
2011年05月08日 (日) | 編集 |
*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★

目黒区のペットシッター

訪問ドッグトレーニング(犬のしつけ)承ります☆

わんにゃんmina's   080-2064-3711

ホームページはこちらから!

*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★


人の手や顔をなめてきたり

頭や体をスリスリしてくるのは

猫ちゃんの愛情表現ですよヾ( ´∀`)*:;,。・

「好き~」「大好き~」と言ってくれてるんです☆

このひとときが最高に幸せですよねっ!!

その他にも

「●●してもいい?」

と許可を求める時や

「ありがとう!」

「ごめんね。。」

という時などにもなめるようです。

ちなみにうちの子は永遠に私の鼻をなめてます(笑)

かなり愛されているらしいです(o′∀`o)ゞウフ





Q:「子供が猫のヒゲを切ってしまいました。問題ないですか?」
2011年04月14日 (木) | 編集 |
*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★

目黒区のペットシッター

訪問ドッグトレーニング(犬のしつけ)承ります☆

わんにゃんmina's    080-2064-3711

*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★


ヒゲは絶対に切ってはいけません!!!

ヒゲは猫にとって大事なアンテナです。

自分の周りにどれくらいの隙間があるのか確認したり

気流の乱れを感知したりします。

暗闇で物にぶつからないで歩けるのもヒゲのおかげだと言われています。

お子様に教えてあげてくださいね。